Powered by samidare

▼杉丸太

杉丸太/
みなさんこんにちは。

今日は皮を剥いだばかりの杉丸太を見てきました。





左側は高圧シャワーで剥いた丸太。
右側は昔ながらに手作業で剥いた丸太です。


表面の杉皮の下に薄皮がある為、
それを竹ヘラと金タワシを使って剥いでいきます。
木の表面に凹凸がある為、かなり手間のかかる作業です。


この後に背割(切れ目)を入れ、逆さまにして木の水分を抜いていきます。
そのままでは乾燥する際に表面が割れてしまうからです。




ひとつとして同じものがない丸太は節の表情も様々で、
素材のままの色でも素敵ですが、敢えて塗装を施すなど、
手間一つかけることで、和風にも洋風にもマッチします。

写真の丸太は直径で30儖幣紊△蠅泙垢、
24僂阿蕕い隆歛世任△譴弌
リビングに建てても違和感なく納まります。


丸太柱に興味のある方は、是非声をかけて頂きたいです。



2019/02/22 11:00 (C) 菊池技建|坂井道彰
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る