ヤマガタンver9 > 豊川炭鉱馬車鉄道という幻 〜米沢に鉄道馬車が走っていた〜 第十四回

Powered by samidare

▼豊川炭鉱馬車鉄道という幻  〜米沢に鉄道馬車が走っていた〜  第十四回

◎豊川炭鉱馬車鉄道の速成を望む(供

ああ、わが戦捷国の国民たるものなんすれぞそれ鞠躬すべきの経営にたたるや、ああわが興隆国の民衆たるものすべからく尽〇すべきの事業に遅々たるや、大帝国戦後の経営何ぞそれひとり当局者に任ずべけんや。国民あげてこれに当たらざりべからざるなり。興隆国の国家的大事業はあにそれ目前の小利に眩惑せらるるの徒が企画し得べきものならんやえるも、わが戦後の経営にしてしばしば挫折ししばしば失敗し紀綱〇廃財政〇乱ついに経済界の大恐慌を来たし、全国の蒼生土炭に苦しみつつあるは、けだし当局者の罪大なりといわざるべからざるなり。

今やわが米沢停車場の大工事も着々と歩を進めて本年八月中旬にはその落成を告げ、陸地の一大港湾は実際に現出せんとし、板嶺を横断し来るの奥羽鉄道はすでに尾崎坂を貫き関根より直ちに佐氏泉畔に猛進し鉄道瓠硬声劉々まさにわが郷人なにをもってこれに対せんとするか。

わが郷人のすでに熟知せらるるごとく、米沢停車場の計画たる実にかの東都上野停車場と同等にしてその規模広壮、その結搆〇大ゆうに奥羽府の大停車場たるべきの画策なりというにあらずや。もしそれこれを海港場に比せんか、まさにかの五港と同位置たるべきなり。ああわが郷人山間四塞の地に俄然一大港湾を得んとす。いかがの策かもってこれに対せんとすか。あにそれ従来のいかが排源洞裡に〇居頑夢を貪るを得んや。いわんやまた財政上の緊縮と経済界の恐慌は奥羽線の工事をして米沢停車場の落成に中止せしめんと云うにあらずや。しからば即ちこれわが両羽に現出すべき幾多の小港湾は永く中絶せられてひとりわが三郡の貨物のみならず三郡の人類のみならずわが山形県下の貨物人類いな両羽の貨物人類ことごとくわが米沢停車場なる両羽の一大港湾において蒐集せられ配散せられんとするにあらずや。なおかつ従来太平洋海岸を経て津軽海峡を迂回し日本海に出て酒田港に入り、両羽の地に配散せしところの塩および砂糖その他の貨物はまたことごとく安全なる陸路の港湾より輸入せられて、米沢停車場に来りしかして両羽の地に配散せられとするにあらずや。ああわが郷人またかくのごとき交通上の大激変に如何の策がある。

曩にしばしばいわうごとく道路は実にこれ国土の脈絡なり。神経なり。人身にして脈絡貫通せざるところあらんか。その用を為さざるべく神経の通ぜざる部分あらんか。これ即ち病根たるべし。国土また然り。その脈絡たり神経たるの道路にして通ぜざるの地あらんか。病弊たちまち生じその地方の生霊困憊しその地方の社会ついに衰弊し延いて全邦土の病原たらんのみ今や邦家の大動脈板嶺を横断し来たりてわが郷土に注留せんとす。わが郷土の脈管にしてこの大動脈に伴なわざらんか。郷土の営養を欠き、地方の病根生じわが郷十七万の注震はついに困憊衰弊するに至らんか。奥羽鉄道貫通に対するの策多々あるべしといえども、わが郷土の細脈管をして大動脈に並進せしめ地方の交通機関を敏活ならしむるより急なるはなけん。交通機関の発達をはかるは地方民人の便益を謀るなり。地方産業の作振を促すなり。文化の普及を敏捷ならしむなり。ああわが郷土の営養をして充分ならしめんと欲せば、実にまず脈絡の敏活を謀らざるべからざるなり。わが郷一市三郡のためにはかるに、まさに貫通せんとしつつある奥羽鉄道に対するの作戦計画は実にそれわが郷土を連結せる交通機関の敏活をはかるより最大急なるはなからん。  

(第14回  続く)


2022/09/24 13:06 (C) 珈琲豆屋です!
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る