ヤマガタンver9 > 九州にフェリーで来ました。(後編)

Powered by samidare

▼九州にフェリーで来ました。(後編)

九州にフェリーで来ました。(後編)/

上の写真は私が乗船した第1便 15:00発 翌5:00着のおおさか兇任后0貽2便あって第2便は19:50分発 翌8:30着です。

フェリー乗り場到に着すると上の写真の場所に誘導されます。そして、この場所でエンジンを切り、鍵を閉めてターミナルに行き乗船手続きをします。手続きは15:00から、車の乗船開始は15:30からです。フェリーに乗る人が一斉に手続きするので15:00にターミナルに行ってみると長蛇の列になってました。列に並んで手続きをするのに結構時間がかかりました。乗船開始の時点で手続きが終わってなくて車に戻れなくても、うまく誘導してくれるので、止めた車が邪魔になる事はないので車の鍵を閉めても大丈夫です。

ドックはこんな感じです。

ドックから客室に入ります。船が動き出すとこの扉は通れなくなりますので、必要なもの、寝間着、タオル、歯ブラシなどはもって行きましょう。

内部はこんな感じです。売店、自販機コーナー、ゲームセンターなどがあります。

外にも出れます。

部屋はこんな感じで100Vの電源も取れます。海の上では電波は入りにくいです。部屋にカギは無いので貴重品、パソコンなどは車に置いてきた方がいいです。財布は要ります。コインロッカーもありますが100円が戻ってこないタイプです。

運行ルートです。この区間を車で走るのが非常につらいのです。

夕飯と朝ご飯はバイキングスタイルです。フェリーなのにバイキング(海賊)です。別料金です。

風呂も結構よかった。

9時消灯です。揺れはありますが、船酔いするような揺れではなく、心地よい揺れでぐっすり眠れました。

時間通り門司港に到着し1時間30分ほど高速を走って、11月16日の7:30に朝倉の寮に到着して、現地にいる部長と合流出来ました。14日と16日に業務をこなせたので実質、移動が1日だったよ。


2022/11/18 20:33 (C) 松隈九瀬谷14治山工事
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る