ヤマガタンver9 > ☆春の七草を食し縁起を担ごう!(o^^o)☆

Powered by samidare

▼☆春の七草を食し縁起を担ごう!(o^^o)☆

☆春の七草を食し縁起を担ごう!(o^^o)☆/
2023年に入り今日で7日目…

1週間が終了しました…

先日、テレビを見ていたら、

外国の方々が、日本の御正月を是非

体験してみたい!と年末年始日本に

来日した方々を

取材していました。



様々な御正月に行われる事には
 
日本人のまっすぐが思いと、

感謝、尊敬、人を大切に思い、

文化を親から子へ伝承していく気持ちがあることが

素晴らしき事と言っていました。


御正月に行われる事には、深き意味がアリ
ストーリーがある!
と、感銘を受けていました。

日本人が昔から持つ心は素敵だと…
o(^-^)oワクワク


外国の方々から、見た日本に伝わることは
とてつもなき  素晴らしき内容なんだと思います。

毎年残念に思うのは
しめ飾りが販売されていても
だんだん売り場が縮小されていること…

おせちに関する食材も既に
年始の2日目には、もうありません…
売れ残りを避けて
年末に入れたら通過発注などしないのかも知れません。

今年も しめ飾りが無い家がたくさんありました。

しめ飾りをする意味はとても重要な事です。

特に商売を行っている者にとっては
尚更、玄関前には、お浄めとして
入り口をクリーンにしておくことは
最も重要が事です。

(^_-)

12月28日には新年を迎えるための準備として

歳徳神様をお迎えするために

お浄めを意味する御正月飾りを行い


大晦日には、年越しそばを食べ

年始には神様に、また、年始に来させて

いただけた

感謝を伝えに行き

おせち料理を家族で食し

7日には 春の七草粥を食べ

10日には  里え宮湯殿山神社横にある

商売繁盛の市神様に  感謝を

伝えに行き  特別なカブをいただき

初市に行きます。

11日は、鏡開きです.

御正月飾りを全て取り去ります。

15日には、1年間お守り下さった
お札や御正月飾りを
神社にてどんと祭りにて、おたきあげしていただきます


何だか慌ただしき私の年末年始ですが
それが昔から伝承されてきた意味ある年末年始だと
思い
毎年無事に、生命をいただきその事が
できることにありがたきことと思っております…
m(_ _)m



今日食するのは春の七草…

1月7日に効力を発揮します。

購入した七草セットに記載されていたのは…

日本では延喜11年に、正月過ぎた7日に何種類の若菜を

食べる事を天皇が、発令し

6日には七草を手に入れようとする人で
街は、ごったがいしたそうです。

七日の朝に七草粥を食し誰もが
無病息災と
仕事のステップアップつまり
出世を祈願したとのことです…


【せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ
すずな  すずしろ】

これが、春の七草です…
1113年前から、日本に伝わる今日の行事です。

今年も 
【大分原産の
春の七草セット】を購入しいただきます。


山形市南2-1-8

心と身体のリラクゼーション
眠れる森


023-646-8633

(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る