Powered by samidare

▼ふけた

ふけた/

「ふけた」と聞いてドキッとするのは「老けた」という漢字を連想したとき。

「更ける」だと少し夜のファンタジー。

「耽る」だと読書中の娘がどこかの世界に行ってしまったとき。

今回のは「蒸ける」の過去形。

餅つきの朝、実家に電話をし夫が放った言葉「ふけた?」でした。

いつも餅米を蒸してから搗き始めるまで小一時間はかかるので、およその餅つき時間を聞くためでした。

その電話に「!」となったのは私ばかり。

餅米は「蒸す(むす)」とか「蒸し上がる」もしくは「蒸かす」と表現するのが普通だったので、

ふけた→ふける→蒸かす→蒸かした、と脳内変換するのにほんの少しだけ時間を要したのでした。

ちなみに夫の実家ではお赤飯のことを「お蒸かし」と言います。

やはり蒸かしたいんですね。


2017/12/27 19:37 (C) やまがたノート

▼100advertising

Hanagasa君
やまがたへの旅・山形県観光情報

山形県の観光情報ポータルサイト

やまがたの観光情報が満載!
観光スポットやイベントなど充実

yamagatakanko.com
100円広告

▼ranking

(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る