ヤマガタンver9 > 7/20#293 「互いに認め合おう」

Powered by samidare

▼7/20#293 「互いに認め合おう」

7/20#293 「互いに認め合おう」/

 虫の大好きな1年生の男の子がいます。捕まえたら、虫かごに入れて、1日観察して、夕方には逃がしてあげるのだそうです。先日はバッタ、イトトンボを観察していました。「体は黒だね」というと「よく見て!緑だよ、光ってる!」見るだけでなくじっくり観るのです。捕まえたオニヤンマをプレゼントすると「おっきい」とその迫力に怖がりながらも興味津々でした。この日はセミの抜け殻を持ってきました。3つのうち一つは小さくて土をかぶっているようでした。私が教えてあげてもいいのですが、図鑑と虫の本をもって行って、調べてみようと促しました。できたのが上記の絵です。手伝ってもらいながらも書き上げ、見せに来てくれました。「アブラゼミとニイニイゼミです!」自信満々です。文字を読み、書き、よく見て描くことの必要感が増します。新たな学びに結びつくと感じます。6年生は発達障害について学んでいました。NPO法人あゆ〜む理事長の色摩先生に教えていただきました。できることがちょっと違うこと、見え方・感じ方がちょっと違うこと、むしろ普通の人はできないことができる優れている部分もたくさんあることに気づきました。ちょっと違うだけ、これも個性です。決して特別な人ではないです。周りがいまよりちょっと特別な助けや思いやりの心をもてば、みんなと同じことができるのです。

できないことを探すのではなく、どうすればできるかを探してあげたいですね。仲間ですから。


2021/07/20 10:27 (C) 致芳小ブログ
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る